シーバスに効く!ワームランキング。

シーバスフィッシングにおいて、バスに比べまだまだワームが活用されているとは言えないと思い、もっと活用できるのでないかと長年試し続けてきました。

シーバスに関しては、現在では、ワームとスイムベイトだけで成立させるまでになりました。

実際に、今年はまだミノーを使用していません。

その経験のなかで自分がシーバスに効くと感じたワームをランキング形式で発表したいと思います。

* 大きさについては、狙うベイトの大きさに合わせると良いです。

第1位

OSPドライブシャッド

とにかくよく釣れる。

動きはロール、しかもピッチが大きく振り幅の大きいロール。

これは、シーバスルアーではほとんどない動きです。

動き見るともっとおとなし目な動きの方が釣れそうな気がするが、人間から見た動きと実際の釣果は一致しないのが面白いところ。

様々なベイトパターンでヒットに持ち込めるパイロット的ルアーです。

しかし、大きな弱点もある。

それは、とにかく耐久性に欠ける。

素材が柔らかく動きが良い反面、耐久性に欠け一匹釣ったらダメになる。

コスパが悪い点が最大の弱点。

リグは普通にジグヘッドで良いが、ジグヘッドの重さがキモとなる。

あまり重いジグヘッドだと持ち味を活かすことができません。

自分の場合5gをメインに河川だと3g以下をメインに使用しています。

  

 

第2位

ダイワ モアザンミドルアッパー

ストレートテールの微波動がミノーなどに反応しないシーバスを連れてきます。

ベイトが小さ目の時に反応が良い時が多いです。

マテリアルが硬めで長持ちするのでコスパも高い。

また、ジグヘッドを重くしても釣果に差が出にくいので非常に使いやすいワームです。

ダイワ モアザン ミドルアッパー 4.2インチ 銀粉富津ベイト【ゆうパケット】posted with カエレバ楽天市場Amazon

   

第3位

OSP ドライブスティック

一見単なるストレートテール系に見えるが、微かにロールが入りナチュラルに魚を誘います。

このワームも、できるだけジグヘッドの重さを軽くする事で特性を活かせます。

自分の場合は、ドリフト気味に流して使うことが多いです。

積極的に巻いて使うよりは流し気味にする事で特性を活かす事が出来ると思います。

使いこなすのに若干テクが必要なので上級者向きといえます。

このワームも、ドライブシャッド同様にマテリアルが柔らかく、耐久性に難があります。

  

  

第4位

コアマン VJ

すでに使っている人も多いとは思います。

このワームは、さほどオールマイティさはないものの、イワシパターンにおいては異常な強さを見せます。

ただ巻きで簡単に釣れるので分かりやすいワームといえます。

   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク