高知アカメ釣行6月某日

再び高知へ・・

前回来た時よりもさらにアカメの魚影は薄い様子。

そしてアカメと入れ替わるようにシーバスの活性が急上昇。

前回来た時に濃くなっていた25㎝くらいのボラの魚影がさらに濃くなっていた。

かなりの大型アカメもそれについているようで何回か特大なボイルを見かけたが、そのボイルもはるか沖。

岸際には寄っているアカメはかなり少ない様子に見え。ボラも沖の方が濃い。

そのかわりに、岸際のイナッコなどに大量のシーバスがついており油断するとすぐに釣れる。

はっきり言って広島の5倍以上はシーバスの魚影が濃いのではないか・・・

これはかなりの苦戦が予想される。

そして実際にアカメからのコンタクトは一切なく、大苦戦。

沖にいるアカメが岸側に寄ることを期待していたが、その様子もない。

仕方なく、釣れる状況を探し浦戸湾をさまようが全く糸口がつかめないまま時間が過ぎていく。

とにかく色々と見て回るしかないとランガンしていると、たまたま入ったポイントにボラの群れが接岸していた。

時折追われている。

これはチャンスか?それともシーバスか?

期待を胸にルアーを投げているとボフッと聞きなれたボイル音が。

そう、シーバスだ。

マジか・・・シーバスか・・・

とがっかりしていると・・・

水面に違和感が。

おそらくベイトが追われている。しかも微かに起きた引き波の様子から、どうもアカメっぽい。

すかさずルアーを通す。

見事にキャストも決まり緊張しながらリールを巻く。

しかし、追われていたピンではバイトが出なかった。

だが、油断せず足元までしっかりとルアーを泳がす。

そして、ピックアップ寸前。

ドガン!!!!

アカメのバイト。準備万端待ち構えていたので慌てて合わせてしまうこともなかった。

合わせを入れないようこらえながらアカメが走るのを待つ。

一瞬の間をおいてアカメがドラグを引き出しながら走る。

よし!乗った。

(アカメに関しては合わせを入れないほうが良い結果となります)

なかなかの引きだったがメーターには届かず。

しかし。この状況下では値千金の一匹といえると思う。

本日のヒットルアー

ビビッドクルーズ170

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク