2019年7月末 高知アカメ釣行

前回は記録級のアカメを手にしたので、そのままの流れで行きたいもの。

前回まで、ジョイクロでのパターンがドはまりしていたので、今回も同じように攻めていく。

着いてすぐに、水中からドン!!とバイト音がし、手元に衝撃が伝わる。

しかし、乗らなかった・・・

俗にいうミノウオサイズになってくると、バイト時に水中から音がすることも多々ある。

いまのは、7mほど離れた位置でのバイトで音が聞こえたので、かなりのサイズと思われる。

惜しい。

しかし、乗らなかったのが気になる。

今までだと、この攻め方でがっつり乗っていたのだが…

おそらくパターンが変わり始めている兆候だろう。

これは早急に今の状況にマッチする攻め方を見つけないと。

その後色々試すがミスバイトとバラシ。

で、結局それらしきパターンを見つける。

サイズは小さいが、がっつりと針掛かり。

ルアーを粉砕される。

アカメのパワーは半端ないね。

ルアーはラインスルートラウト250

このルアーがハマる時があるのだが、もう売っていない・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク