アカメ釣行2019,9月

25~30㎝のボラの大群が集結している地帯を発見。

しかし、そこは広大なオープンエリア。

アカメのボイルも頻発しているものの、ボイルが起こるのはとても届かないようなはるか沖。

この場所でひたすら待っていればボイルが射程範囲に来るかもしれない・・・

が、もし来なければかすりもしないだろろう。

ボイルが来るのをひたすら待つ釣り。

できれば、もう少し狙って釣った感が出る釣りをしたいのだが、ほかに釣れそうと思えるパターンを見つけきれなかったので、ここで粘ることに。

ボイルを待つ釣りとはいうものの、ボイルが岸に近づく時合いと大まかに岸に寄ってきそうな場所は目星がついている。

その目星をつけた場所でひたすらボイルが来るのを待つ。

そして、狙いをつけていた時合いでベイトが追われ始める。

この時を待ってました!!!!

しかし、焦って投げるため、バックラ頻発(笑)

で、2匹釣れた。

今回のヒットルアー

メガロダンクル

アピールの強いスイムベイト。

今回のようなベイトが沢山いる状況で、アカメにしっかりとアピールできる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク