ハワイ行ったのでついでに釣りした話

2020年2月はじめ、ハワイに行ってきました。

釣りではなく観光で。

しかし、そこは釣り人の性、

あわよくば釣りもしてやろうとパックロッドを潜ませてます(笑)

今回行くのはハワイ島とカウアイ島。

羽田からホノルルに行き、飛行機を乗り継ぎそこからハワイ島へ。

ハワイ島のヒロという町に。

早速レンタカーを借ります。

ハワイ島は4DWのほうが良いとのことでジープを借りました。

背景の樹木がハワイっぽい(笑)

ハワイはレンタカーを借りた方観光しやすいです。

で、ハワイならではの大自然を満喫!

絶景があちらこちらに広がる!

これは絶滅危惧されるネネという鳥とのこと。

運よく遭遇できました。

ネネの生息域ではネネクロッシングという標識があちらこちらに立ってます。

つまりネネ優先。

あまりに楽しすぎて釣りのことはほとんど忘れてました(笑)

カウアイ島にも行ってきました。

カウアイ島はニワトリだらけ。

街中だろうが、どこだろうが腐るほどニワトリが歩いてます。

ここでも観光。

べカウアイ島は島ができてから古いのでハワイ島に比べ緑が豊富です。

めちゃめちゃ壮大です。

・・・で、釣りはというと

観光の合間に投げてました。

たまたま通りかかったところで、お!なんか釣れそうという場所で30分くらいづつですが・・・

タックルは、この日のためにネットで買った6000円くらいの振出ロッド。

値段の割に使いやすかった。

最初は、日本でシーバス狙っているときのようにただ巻きで攻めていたが、チェイスのみで食ってこない。

そこで、ジャークやトゥイッチを入れてみると・・・

食ってきた。

ヤガラ?

どうも、この辺の魚はただ巻きよりジャークを入れた方が反応が良いみたいだ。

なんとなくコツをつかんだのか、投げれば何かしらの魚が釣れる。

メッキ。

小規模河川の河口ではバラクーダが連発した。

小物ばかりだったが、おまけのようなチョイ投げだったのでまあまあ満足できた。

本格的に南国の魚を狙ってみたいと思うようになった・・・

海外はちょっとハードルが高いので、沖縄あたりにでも遠征してみるかな・・・

今回のヒットルアー

レイダウンミノー

今回使ったのはレイダウンミノーの小さいサイズ。

今は廃盤なのかな?110なら今でも売ってます。

このミノーはなかなか優秀でシーバスにもかなり効きます。

若干ウォブリングが効いているので、ローリング主体が主流のシーバス用ミノーで効かないときに使用しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク