ストライクプロマグナムミノー シーバスエディション

今回はマグナムミノーです。

このルアーは青物用ですでに発売されていたマグナムミノーをシーバスに使えるよう改良したルアーです。

通常のものより3本フック、浮力を強め、アクションを大きめになっています。

これ実は前からアカメのボラパターンに効くんじゃないかと目をつけていたのです。

実際に見事にハマったので紹介します。

スペック、動き

  • 全長 200㎜
  • 自重 86g
  • アクション ウォブンローリング
  • レンジ 80㎝

特筆するべきは、その動きの大きさ。

これは、レンジを浅くするために重りを減らした結果とのこと。

一見すると動きすぎのように感じるかもしれませんが、実はこの動きの大きさこそキモなのです。

どのようなときに効く?

20㎝という大きさとアクションの大きさから、大きめのベイトのときに効きます。

ズバリ、ボラパターンにベストマッチです。

自分が釣ったときは、

ボラの大きさは25~30㎝

ほかのルアーではバイトはあるが乗らなかったりバラシたりする中、このルアーのみガッツリ掛かりました。

また、60㎝以上のボラがベイトになっているときも釣れていたので(釣ったのは釣友ですが)その動きの大きさから実際のルアーの大きさよりもかなり大きなベイトのパターンのときにも威力を発揮すると思われます。

また、この大きな動きがリアクションを誘発しやすく、アカメの活性が高い時にも威力を発揮するようです。

ナチュラルさではスイムベイトに劣るが、アピールではスイムベイトを寄せ付けない。

その特性を理解すれば、どのような場面で使用すればよいかわかると思います。

この動きの大きさ故に、決してオールマイティーなルアーとは言えませんが、ハマれば他を寄せ付けないルアーといえます。

季節的には、梅雨が明け塩分濃度も高まりボラパターンに入ってからが出番が多くなるでしょう。

まさにボラパターンキラーともいえるルアーです。

ストライクプロマグナムミノーシーバスエディション

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク