広島市内河川2018,12月下旬

前回に引き続きイナパターンを狙う。

12月下旬になるともはやコノシロの動きが不安定になり読みにくくなる。

コノシロもまだまだ残っているが、どうにも打率の低い釣りになり的確に釣ることが難しい。

もっと楽に釣りたい(笑)

そのあたりも含めあえてのイナパターン狙い。

しかし、例年に比べると小さいサイズのイナが多く小型のシーバスの活性が上がっている。

小型を拾わないように頑張るが、どうにも反応が悪い。

あきらめて小型を狙ってみると・・・

ひたすら釣れる。

小さいが・・・

ベイトは小さめのイナ。

ルアーのサイズを落とすとさらに反応が上がる。

この日はローリンリングやウォブリングのような動きよりもシンペンや女医黒のようなスイスイ?した動きが反応が良かった。

日を変えて今度は誘惑に負けずに大型狙いに徹する(笑)

前日とは打って変わってベイトのサイズが上がっていた。

ベイトのサイズが上がったからかこの日は3Dトラウトが好反応。

シーバスの反応がちょくちょく変わるのでなかなか難しさはあるが活性自体は高い。

まあそこそこのが釣れました。

やはり釣りも気持ちが大事っつうこですな(笑)

本日のメインルアー

サベージギア ラインスルートラウト

動きのリアルさは抜群。

ウネウネ動く様はまんま魚。

しかしリアルさと釣果は別。通常はなぜかローリングやウォブリングのほうが反応が負いことが多い。

ところが、たまにこの動きがハマることがある。

そんな時は通常のミノーでは太刀打ちできない釣果をたたき出す。

この日は、まさにその日だった。

マーズ シンパシー

いわゆる軟らかいシンペン。

動きはシンペンそのものだけど、なぜか普通のシンペンより好反応なことが多い。

軟らかいからか?

ベイトが小さい時に多用する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク