アカメに最適、ワールドシャウラ ツアーエディション1754

マイルが貯まってる・・・

エコノミーならば世界中どこでもいけるくらいのマイルに。

そうだ釣り旅行でも行くか。

ということで衝動買いした

ワールドシャウラ ツアーエディション1754。

アカメでも使える強さのパックロッドです。

見ての通り5本継ぎ。仕舞寸法は51㎝。

かなりコンパクトにまとまります。

機内持ち込みサイズのスーツケースに収まるサイズに分割できます。

縦に収めることができるのでバッチリ収納できます。

スペックとしては、

長さ 7フィート6インチ

適合ルアー 15から80グラム

レギュラーテーパー

となります。

キャストした感想

長さの割に若干持ち重りを感じます。

まあ、これは継数の多いパックロッドの宿命ともいえます。

軽さを重視する自分は若干気になりますが、まあ普通の人は大丈夫なレベルでしょう。

実際にルアーをキャストしてみると、

MAX80g 4パワーのロッドにしては強いように感じます。

ジョイクロマグナムなど100グラム超えのルアーでも余裕でキャストできます。(自己責任でお願いしますね(笑))

かなりの大物でも対応できる強さでしょう。

ワールドシャウラ特有のシャープさはパックロッドになっても健在です。

キャストをすると、ロッドのブレが非常に少なくコントロールしやく感じます。

ワールドシャウラ全般にいえるのですが、ロッドのブレが少ないため狙ったところにビシッと決まります。

さらに、張りのある竿は弾道を低く飛ばすことができます。

曲がる竿はどうしてもルアーの弾道が山なりになりやすくキャスト精度が落ちます。

7フィート半だと飛距離が気になるという方も多いと思いますが、実際7フィート半もあれば十分飛距離は稼げます。

もちろん長いほうが飛距離という点では有利ですが、その差はほんのわずか。

秋のコノシロパターンのシーバスや高知でアカメを狙うにはちょうど良い強さ。

このクラスの強さの竿ってあまりないんよね。

あっても、なぜかだるくてシャープさに欠ける。

となると、この竿アカメにぴったりのような気がしなくもない。

公共交通機関で遠征する人は荷物をコンパクトにまとめることができるし。

で、結局海外釣り旅行には行けていないという・・・

シマノ ワールドシャウラツアーエディション 2754R-R

仕舞寸法 51㎝

自重 185g

適合ルアーウエイト 15g~80g

グリップ長 329㎜

テーパー レギュラー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク